スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に、食農コーディネーターの活動へ

今日は、安芸区栽培展示、栽培体験の2回目。
食農コーディネーターの活動に参加するのは、とても久しぶりです。


さて、第1回目に幼稚園の子供たちが植えたこんにゃくイモと里芋は、
農林課・担当の方々の手厚い管理のもと、立派に育っていました。

サトイモ


こちらは、こんにゃくイモ。
実は、こうして畑にいる姿を見るのは初めてです。

こんにゃくイモ


かわいい幼稚園の年長組さんたちに加え、
一般公募で参加を希望された一般の方々も今回から参加されることになりました。

区長挨拶


まずは、子供たちが聖護院大根の種まき。

大根種まき


続いて、大人によるサラダごぼうの種まき。

サラダごぼう種まき


お隣の畑には、すでに人参も植えてあります。


こんなに狭い展示用区画で、多少の無理も承知の上、
管理してくださる担当の方々の技術力でカバーし、
いろんな種類の野菜栽培にチャレンジしているのには、ワケがあるのです。


次回の栽培体験では、こんにゃくイモの収穫~コンニャク作り。

そして、その次には、収穫した野菜たちと手作りしたコンニャクを使って、
郷土料理である「のっぺい汁」を作って食べよう!というプランになっているのでした。


5月に始まったこの企画、暑い夏を無事乗り越え、12月のゴールまで
あと3か月、大きなヤマ場となってきました。


幼稚園の子供たちも、今回から参加された一般の方々も、
ずっとつきっきりで野菜のお世話をするわけではなく、
植えて~収穫という、ほんとにピンポイントの主だった体験しかできませんが、
何とか栽培~収穫~調理という流れはつかんでいただけると嬉しく思います。


食農コーディネーターを名乗っていても、私は「農」の現場は全くの未経験なので
大きなことは言えません。


ごくごく近いうちに、自分の食べ物は自分で作るなり確保しなくてはいけない
世の中に変わっていくとよく言われます。

家庭菜園を楽しまれる方も増えてきました。


今やっているおままごとのような体験企画も、
関与されたすべての方にとって、何らかの役に立っていくことを願っています。


スポンサーサイト

米粉うどん

さて、今朝は昨日から寝かせておいた米粉のうどんを仕上げました。

麺棒で伸ばして、伸ばして、厚さ3mmまで伸ばしていくのですが、
これがかなりの重労働。

前日の小麦粉以上に力を要します。

冷蔵庫で寝かせていたせいか、生地が硬くなっていて、
しかもグルテンを入れてあるので弾力があり、
伸ばしても、伸ばしても、ゴムのように元の形に戻ろうとします。

麺棒を押す手のひらがだんだん痛くなります。


そもそも、米粒をそのまま炊いて食べればおいしいのに、
どうしてわざわざ粉にして、しかもグルテンまで加えて
うどんにしなきゃいけないの?

あまりにも手ごわい生地を相手に奮闘していると、
だんだん腹がたってきました。


余った米を何とか処分しようと、粉にして、パンやらスイーツやら、
小麦粉の代わりにしようとすること自体、無理があるんです。

欧米化した今の日本のデタラメ食に古来から受け継がれてきた
伝統食を無理やりこじつけようなんて、もってのほか。

発想が逆ですよね。

アメリカでは、マクバガンレポートでも世界で一番理想的な食事が
日本食だと発表され、セレブたちはマクロビオティックを
実践しているといると言うのに、わが日本では、戦前までの
素晴らしい食文化を洗脳によってあっけなく捨て去り、
米離れで、米が毎年余りまくって・・・

じゃ、世界一ヘルシーな日本食をしましょうよ!
と、ごはんをすすめることこそ、本当の食育のはず。

ところが、米さえ消費されればいい発想なのか、
とことん欧米食をさせたいのか、米を粉にしてまで
パンやスイーツや、麺にまでして食べさそうなんて。

加工が1工程増えるだけでもものすごいエネルギーと経費のムダ、
しかも自然からどんどん遠ざかって、本来その素材のもつ
生命エネルギーはどんどん消滅していってるというのに。

代々継がれてきた食文化は、昔の人がさんざん試行錯誤の末、
今の形に落ち着いてきているはずなのに、今になって
わざわざ米を粉にして、パンや麺にしようとすること自体、
現代人の思い上がりも甚だしい!!

米は、粒のまま炊いて食べるからおいしいし、
パラパラして食べにくい小麦は粉に加工するという工夫から、
伸ばして細く切って、麺にして食べるという形に落ち着いたんじゃ
ないのかしら?

米も夏に水分が抜けて、古米になるとおいしくなくなるから、
ここで初めて、粉にして、団子にして食べるという知恵が
生まれたんじゃないのかしら?


食・農コーディネーターでは、そもそもの育ての親である行政が
米粉を使った料理や、イベントをすすめ、
ブームを作ろうと陰謀をたくらんでいるフシがあるので、
どうも最近、会合にも出かける気になれずにいたのです。

今回、手打ちうどんの講習に参加してみて、米粉でうどんを作ることになるとは、
およよ~~~ときたのですが、他のコーディネーターの皆さんは、
米粉をいかに活用して、何を作ろう・・・モードに入っているので、
孤軍奮闘で情勢は圧倒的不利ではあるのです。



そんなネガティブ波動をガンガン出しながら生地を伸ばしていると、
ちゃんと伝わってしまったんでしょうね~

2010101908550000.jpg


力尽きて、伸ばしも足りなかったのですが、
お団子のようなうどんになってしまいました~


「もちは餅屋」

うどんは小麦粉、米はご飯!


今日は、ボヤキになってまってすみません。。。










手打ちうどん講習会

またまた、ずいぶんとご無沙汰してしまいました。
更新していない間も、ご訪問くださった方々、
ありがとうございます!!

書きたいネタは山とあったのですが、
ネタが多いということは、何かとバタバタとしているということで、
ここの管理画面に入ってくるのが、億劫になってしまってました(反省)。


さて、今日は軽い日記です。

食農コーディネーターの定例会も、お休みがちだったのですが、
来週、女性農業士さんとの交流会で、手打ちうどんを作るということで、
その予行演習に行ってきました。

2年前、コーディネーター認定前の講習中に習ったきり、
一度も復習していなかったので、来週の本番には参加できませんが、
ちょうどよい機会なので、今日、参加しました。


今日は、普通の小麦粉で作るうどんと、米粉もチャレンジ。
時間に限りがあり、試食もできませんでしたし、
米粉のタネはそのまま持ち帰って、明日まで寝かせることになりました。

2010101812220000.jpg

小麦粉の方は、おいしいのは百も承知。
2年前に体験済みです。

米粉の方がどのように出来上がるのか?!!
明日が楽しみです。


あと2~3回、家で自力で作って復習すれば、
げんき塾でご披露できるかも♪です。

せっかくなんで、国産の地粉で作ってみたいな~と思っています。


プロフィール

和おん

Author:和おん
好奇心旺盛、氣は若い!
主人と二人で、お米&自然食品の小さなお店をやってます
2女の母でもあります

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧

タマちゃんの暇つぶし

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

マキオカのネイチャーな日々

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

代替療法だけで治す、みーたんのブログ ~乳がん(肺・骨転移)克服記~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。