スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自立の第一歩

昨日、公立高校のほとんどが合格発表でした。

誰もが通ってきた道ですが、たった15歳になるかならないかの
少年少女たちが、厳しい現実を突きつけられるのは、ちょっと酷かな?
とも思ってしまいます。


うちの次女が入学する高校へ、同じ中学から受験したのは
二人っきりで、その娘さんと一緒に発表を見に行って、
うちは合格、彼女は残念な結果だったため、とても辛かったようです。

彼女とはその場で別れ、合格の手続きを済ませて帰ってきたのですが、
お友達が残念だったショックで、気がうまく回らず、
夜になって、中学校からプリントにも記載され、指示されていたことを
やらずに帰ってきたことを思い出し、家族みんなが焦りました。

受験票を出して、「請書」に記入して押印すること

というので、印鑑を持参していたのですが、
「合格おめでとう」の書類を受け取って、記入したり押印したりは
なかったというのです。

去年、同じように選Ⅰで合格した長女も、その手続きをしたというし、
他の高校へ行ったお友達も記入・押印したと言ったらしく、
本人は不安の極地に。

かといって、同じ高校へ行くお友達はおらず、一人っきりで
新しい環境に飛び込んでいかなくてはならないので、誰に
尋ねることもできません。

結局、今朝、高校へ電話して問い合わせて、必要なかったことを確認し、
ようやく親娘共々、ホッと胸をなでおろしたのでした。


親が電話して問い合わせる方がいいのか、中学校へ電話して聞くか?
いろいろ迷いましたが、
やはり本人が高校に直接、問い合わせることに。

何回も、何回もどう聞けばいいか練習して、
勇気を振り絞って電話をかけ、
やさしく対応していただき、問題なかったことが確認できて、
本当にすっきりした様子。

昨日は不安で、なかなか寝付けなかったそうです。


今まで、何かあってもお姉ちゃんに聞けば解決してきたこともあり、
何かといい加減なところがあった次女でしたが、
これからはそういうわけにはいきません。

本人の自覚を促すにも、いい経験をしたと思います。
こっちまでハラハラさせられましたが。

スポンサーサイト

解放!そして卒業式

長らく更新をご無沙汰していましたが、
ようやく確定申告が終わりました。

水曜日に下書きを商工会へ持参し、
昨日、チェック後の清書を確認して、私の方の
作業は完了!

バンザ~~~~~~イ!!!

毎年のことながら、どうしてもギリギリになってしまいます。
それでも、何とか次女の卒業式の前に終えることができてよかったです。


今年は、長女が思わぬ戦力になってくれて、
例年よりはるかに楽に終えることができました。

月・火は公立高校の入試があったので、学校はお休み、
長女はなんと4連休でのんびりしてました。
といっても、期末試験期間中ではあったのですが。

そんなこんなで、一番のストレスになる集計作業を
手伝ってくれたのです。
いつの間に、こんなに成長したんだろう!と
驚きと喜びと。

例年、この時期はあまりものストレスで、何もかも
放り投げて逃げ出したくなるのですが、長女がまるで
神様・天使さまのようでした。


年子で続けて誕生した娘たち、特に離乳食の頃は、
オムツは取れてないし、食事には2倍の手間がかかるしで、
「早く大きくなってくれ~~~~」とばかり思ってましたが、
今となっては、あっという間に大きくなった気がします。


そして今日は、次女の卒業式。
いい卒業式でした。

思春期独特の揺れ動く乙女心と反抗期のせいか、
学校の先生方のこと、あまりよく言うことは少ないのですが、
とてもいい先生方に恵まれていたと思います。

娘に代わり、心からお礼申し上げたいと思います。
ありがとうございました。

最後の卒業生答辞は、生徒会長を務められた
お嬢さんで、次女とも仲良しだった方ですが、
一字一句自分の思いを込めて原稿を作り、
そして、心をこめて読み上げられ、最後は涙に
声がつまってしまう一コマもあり、感動しました。

昨年、長女は深紅のバラで生花のコサージュを作ってもらい
ましたが、今年は、次女のイメージに合わせて、
パステル調の色合いでお願いしました。

CAZ8JL02.jpg

いい感じでしょ?

高校の卒業式には、スーツも新調したいなぁなんて、
2年後の心配までしてしまいましたよ~。

あくまでも、主役は娘なんですけどね。







手間なし大豆ごはん

今日は、おひなさま。

夕方にいつもより少し白いご飯を炊いて、バラ寿司にしようと
思っていたのに、昨晩にはすっかり忘れて精米し、
今朝はいつもどおりの3分づき米を夕飯の分まで
炊いてしまいました~~~


さて、一昨日に大豆ご飯を炊いてみました。

”いい加減”マクロなわが家では、3日に1回、
動物性の食品を極力控えて、植物性のタンパクで過ごす日を
設けています。

なかなかきっちりとはいきませんが。

植物性タンパクの日は大豆製品が大活躍してくれます。


今年の節分に仕入れた豆まき用の大豆がずいぶん余ってしまって、
どうしようかな・・・と思っていましたが、
そう、いつかどこかで、見たか聞いたか、
ご飯と一緒に炊くと簡単でよい!というのを思い出しました。

普通、大豆を炊くときは一晩、水に漬けておかないといけませんが、
案外、これが面倒で、忘れてしまうのです。

でも、この節分用の炒り大豆だと、その手間が省け、
洗ったお米と一緒に炊いてもふっくらおいしく炊けましたよ~


daizugohan.jpg


原料は国産大豆だということだったからか、大豆の甘みもあって大満足!

母は久々のヒットだ~と喜んだのですが、
ご飯に混ぜ物があるのを嫌う次女からは不評。

長女も、「しばらくこれが続くんじゃね」

なんと言われようと、めげません。
本当に簡単でおいしかったんですもの。




長女とウォーキング

昨日、東京では盛大に東京マラソンが開催されたようですが、
ずっと雨の中、大会初の日本人優勝者でうれしく思いました。

そして今日は、せっかくの公立高校の卒業式に、
先ほどから雨も本降りになってきました。

昨日の関東地方の雨がこちらにやってきたんですね。


でも、休日の昨日、こちらはポカポカ陽気で、
長女とウォーキングに出かけました。

試験期間中のため、めずらしく土曜日の部活も休みで、
日曜日はいつもどおりの休日。

さすがに2日も休むと身体がなまるという危機感からか、
朝から「走りに行く」という長女を午後まで待たせて、
私も一緒について行く事に。

奮起しては朝の散歩、3日も続かず、奮起しては朝のテレビ体操、
やはり続かず、この1ヶ月くらい、全く身体を動かしていなかった
ので、連れがいる散歩はとても楽しかった!!

近所の川土手の散歩コースには、日曜日の午後だと言うのに、
それはそれば驚くほど、たくさんの同士の皆さんが。

午前中の東京マラソンの中継を観て触発されたのか、
素敵なウエアで走っているオヤジさんたちも多々遭遇。

久しぶりに土の上を1時間歩くと、足の裏が刺激されて
イタ気持ちい~い!

「足は第2の心臓」だって、実感しましたよ~


この快感を毎日続けたいと思って、長女に「学校の朝練は休んで、
お母さんと毎日ここで朝練しよう~↑」と懇願したのですが、
私が相手だと、走ることができないので、練習のレの字にも
ならないと、あっさり却下されてしまいました↓

一人でも、何とか散歩習慣続けたいんですけどね~~~



プロフィール

和おん

Author:和おん
好奇心旺盛、氣は若い!
主人と二人で、お米&自然食品の小さなお店をやってます
2女の母でもあります

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧

タマちゃんの暇つぶし

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

マキオカのネイチャーな日々

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

代替療法だけで治す、みーたんのブログ ~乳がん(肺・骨転移)克服記~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。