FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

県知事への発表

今朝の中国新聞のトップは、上関原発関連記事でした。

鉢呂経済産業相が6日、中国電力が山口県上関町で計画する
上関原発について、本体工事に着手するのは難しいとの認識を表明したとのこと。

http://www.chugoku-np.co.jp/NewsPack/CO2011090601000305.html


それに対し、広島県知事は、6日の記者会見で、
「エネルギー政策を今後どうしていくのか見通しがないままの発言で
不適切だ」と苦言を呈したといいます。


この方、先月の原爆の日の記念式典でも、菅元首相の「脱原発」発言に
原爆や核問題とエネルギー問題は全く別なので、
この場で言及するべきではないようなことをおっしゃっていたよう。


震災・福島原発事故後、今まで全く無関心だった方々が、
少なからず、核、原発、エネルギー問題について深く考え、情報を集め、
自分のとるべき態度を決められたのではないかと思います。

エネルギー問題にしても、経済にしても、全く今まで
関心を持って勉強したことがありませんので、
きわめて感覚的見解と言われても仕方ありませんが、
どんなに贔屓目に見ても、原発の存在意義を認められない。

原発利権に無縁の一般市民は、かなりの割合で、今までの目くらましに
気づいてきているのではないでしょうか?


それなのに、この原爆の投下された広島県知事の態度があまりに慎重すぎる。
いろんな意味を含めて「慎重」と申し上げておきましょう。



昨日、長女が古いのノートパソコンを引っ張り出して、
必死で原稿を作っていました。

今度、長女の通う高校へ県知事が来られ、そこで生徒から
「将来への挑戦」だったか、「私の挑戦」だったか、
よく覚えていないのですが、何か発表をするらしい。


先生方が職員室でたまたま、人選について討議されていたところへ
娘が通りかかり、ほぼ成り行きのように、その大役を長女が務めることに
なってしまったというのです。


そして昨日、原稿の中に、「原発のことも触れようか?」と長女。
「もちろん!!!」と母。


どんな原稿に仕上がったか?
ほんの少しだけ、やんわりと触れただけとは言っていましたが。

たった一人の高校生の意見、どこまで耳を傾けてくれるのか?
でも、どんなに小さくても、これからの将来を託していく若き県民の声。


ちゃんと、聞いてほしいと思います。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

和おん

Author:和おん
好奇心旺盛、氣は若い!
主人と二人で、お米&自然食品の小さなお店をやってます
2女の母でもあります

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧

タマちゃんの暇つぶし

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

マキオカのネイチャーな日々

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

代替療法だけで治す、みーたんのブログ ~乳がん(肺・骨転移)克服記~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。